ペットの保険に契約しよう

ペットを飼うならペットの医療保険に契約することを強くおススメします。大事な愛犬がもし、病気やけがをしてしまった時!あなたはポンッと数十万円の治療費を支払う事が出来ますか?

犬にもさまざまな病気があり、思わぬ怪我をする可能性も少なくありません。もちろん、病気や怪我をさせないためにしっかりと面倒を見ることは当たり前ですが、気を付けていてもなってしまう病気もあれば、一瞬の隙で怪我をしてしまうことだってあるのです。

犬が怪我をしたときの応急処置方法

あなた自身は国民保険、社会保険にも加入していますし、ほとんどの人が医療保険を契約していると思います。

ペットだって家族ですし、獣医さんにかかれば当然、治療費もかかります。そしてその治療費を支払うのは飼い主であるあなたなのです。

新しい家族

ペット保険で安心

愛犬への保険に契約しておけば安心です。高額治療になった場合でも保険が適用されて負担軽減できるペット保険に契約しておけば万が一の時によかったとなるはずです。

不幸にもペット保険に契約しておらず何十万もの治療費がかかった場合、あなたは支払う事が出来ますか?ペットが苦しんでいる時に経済的な理由で見殺しにしてしまうようなことがあってはなりません

ペット保険に契約しておけばペットが病気やけがで苦しんでいる時に、気軽に動物病院に連れて行くことが出来ます。万が一の事が起こる前に安心できる環境にしておくことをお勧めします。

私の経験からもペット保険はおススメです

月々、数千円で何十万もかかる可能性のある治療費の負担を軽減できるかもしれないのなら無理な金額ではないと思います。ペットを飼う以上、どんなに高額な治療費でも診察を受けさせたいと思うはずです。

実はその昔、私の愛犬も病気になり手術をしたことがあります。その時は残念ながらペットの保険に契約していませんでした。治療費は9万円弱でした。

一泊二日の入院だけで済む割と簡単な手術でしたがそれだけの治療費が掛かりました。

支払いは出来ましたが私にとって9万円を捻出するのは簡単な事ではありませんでした。しかし、愛犬が苦しんでいる、ほっといたら死んでしまう状況で選択肢はありません

9万円で済んでよかったと考えるしかありませんでした。実際に何十万もの治療費がかかる事だって可能性としてはあるのですからきつくても支払える金額で良かったのです。

月々、数千円で私のような状況を回避できますし、私以上の高額治療が必要になった時入っててよかったと必ずなるはずです。ペット保険を真剣に検討することを私の経験上、強くおススメしたいです。

医療保険加入決定!

愛犬のペット保険

日本も外国並みに愛犬家が多いですね。我が家にも犬がいますから犬を持つ人の気持ちはとても分かります。

犬といっても大切な家族という事になれば、病気やケガをしたらお医者さんに連れて行ってあげなくてはなりません。

やはり大切な命なだけに、人間同様に医療費や入院費が負担してもらえるような保険があり、周りのワンちゃんのお宅と話していると、どうもここ数年で加入者が増えたように感じます。

どんなに大切な家族であろうと、人みたいな健康保険証を持っていないので医療費が高くても疑問を持たずに支払い、治療を終えたペットを見て「元気になって良かったね~」と撫で回して終わりだったのですが、ペット保険とは画期的な商品ですよね。

保険というだけあって人間と同じく、保険会社によって受けられる保障が違います。人の保険との違いは、掛け捨てが多い事でしょうか。

犬の平均寿命は13~15歳で、長生きワンコは20歳を迎えることもあります。飼育環境や犬種にもよりますが、どうあれペットという形の家族を迎えたのですから、その間の命の継続のために病院は不可欠です。

私たちよりもずっと速いスピードで老いに向かっていく愛犬にとって、どのような形の保険が良いかを吟味して病気やケガという、いつ降りかかるか分からない災難に備えた保険に加入して、愛犬の命の継続のためにベストな状態をつくるのも良いですね。

特に必要だと思う保険が、歳を取って医者にかかる事が多くなった時の為はもちろんのこと、犬は小さなケガが多いので通院にかかる費用の保障でしょうか。

ほっときゃ治ると言われればそれまでですが、飼い主となるとそうはいきません。散歩中、出会い頭に他のワンちゃんと凄まじいケンカをして目の近くを切ったとか、走らせすぎたのか足を引きずる、歩いている時にガラスでも踏んだのか肉球に深い傷を負っていたりと、結構あります。

犬が足をひきずるのは病気のサイン?

このあたりは犬が元気な証拠でもあるのですが、やはりその都度の医療費が人間とは比べ物になりませんし、元気な時こそ必要な保険とも言えますね。

そして、獰猛な犬でなくても場合によっては人に噛み付いてしまうことがあるのです。どの犬も絶対にないとは言い切れなく、正直、中には噛まれて当然な行動をした人がいるのも確かですが口が裂けてもそんな事は言えません。

そんな時のためにある損害賠償保険というペット保険です。万が一にも自分の犬が人に怪我をさせてしまった時の保障で、医療や入院に備えた保険の特約に入っていたりと形は様々です。

これは躾がしっかりしている分には無理に加入しなくても良さそうですが、気性が荒いとか噛みグセと力ある犬なら入っていても損はありませんね

噛むから触らないでと忠告しても「犬は得意だ」と、勝手に近寄って触ってくる人って多いですから。

愛猫のペット保険

猫は犬よりも長生きです。気まぐれで偉そうでも、それさえ飼い主にとっては癒しであり、かけがえのない存在です。

長い時間を共に過ごした可愛い愛猫も歳と共に身体が弱って風邪を引きやすくなったり、人と同じで皮膚も炎症を起こします。

そして、ついつい若い気でいるのか高い所へ登ろうとしてケガをする事が多くなってきます。

やはり人間とは違って健康保険証がなく、特に今は猫を外に出さないようにしている御宅が増えましたが、まだまだ自由に外に出れるように飼育している御宅があるので病気やケガは犬よりも多いのではないでしょうか

それだけに避妊、去勢手術をさせると思いますが、ペット保険は避妊、去勢手術は補償の対象外という事が殆どですが、それらの手術も割引する保険もあるので、これから避妊、去勢を考えているようなら詳しく説明してしてもらいましょう。

猫は特に「保護した子」が多いところ。今はノラ犬は少なくなりましたがノラ猫はまだ多く、保護したとしても明らかに生後間もないと分かれば良いのですが、年齢も分からない子の飼い主となって保険に加入したいとなると獣医師にかかり、触診や心臓の聴診、歯の状態などを診て年齢を判断してもらい、診断書を提出するようです。そして、保護した子は加入できないものもあります

猫に多い病気が腎臓病で、10歳を過ぎた頃から特に多いと言われていますが若い頃から発症する例も少なくなく、そうなると加入できる保険も、入っても補償してもらえる額もずいぶん違ってくるので猫は早めの保険加入がお勧めともいえますね。

保険に加入していても、腎臓病はとても苦しい病気なので予防が一番なのは間違いありませんが。

そして、猫は嘔吐も多いです。毛づくろいで毛玉を飲み込んだ程度なら良くあることですが、中毒を起こしやすいのです。猫は少しデリケートなのでしょうね。

ノラ猫の平均寿命は4~5歳と聞いたことがありますから。室内飼育でも観葉植物を食べても中毒を起こすこともあるので、このあたりの症状についても詳しく内容を確認する事が大切です。

症状から見る考えられる病気

私自身が昔実家で飼っていた猫や周りの御宅の猫も、同じ病気に何度もかかるのです。個人的なお勧めとしては手術回数に制限のないタイプで、手術までいかなくても数回同じ病気にかかっても、手厚い補償が受けられるものです。若干保険料は高いですが猫は病気が多いし、備えとして必要なのではないかと思います。

猫は孤高の動物です。自由に外出できるネコちゃんは死に場所を探しに行き、外でひっそりと亡くなっていることもあります。

そんなプライドの高い生き物なので少しでも苦しむ事の無いように予防や備えを万全にしておきたいものですね。

ペット保険の必要性
ペット保険に必要なのもは?
口コミでペット保険選び
ペット保険と避妊手術の関係

 

 

  

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)