犬を飼うのは手間がかかる

犬を飼うのは手間がかかる事を本気で覚悟して飼う必要があります。かわいいだけでは難しいのです。15年程生きる犬を面倒見続けるというのは並大抵の覚悟では出来ないのです。

15年生き続けるとしたらあなたが20歳だとして35歳まで面倒を見るという事なのです。

その場の考え方だけで飼う事を決めると後々大変な事になります。あなたが放棄したら、誰も預かり手が見つからなかったら、その愛犬の死を意味します。

新しい家族

楽しいはずの散歩も

犬を飼う醍醐味でもある散歩!たまになら確かに楽しいひと時を過ごせます。しかし、たまにでは困るのです。毎日2回の散歩が好ましいのです。朝、夕と2回、欠かさず15年ほど継続して行う自信はありますか?

犬にとって散歩は最大の楽しみと言っても過言ではありません。室内犬ならば排泄するチャンスでもあるとなれば、散歩はライフラインにもなります。

ストレスを貯めさせない為に必ず行わなければならない散歩です。絶対に疎かにしてはならないのです。

あなたの体調が悪い時もあるでしょう。あなたが仕事や遊びで外出することもあるでしょう。

しかし、必ずほぼ同じ時間帯に散歩に連れて行ってあげなければならないという制約が今後の生活で発生するのです。

しつけも大事

かわいい犬になるのも凶暴な犬になるのもしつけ次第!犬種にもよりますがしつけにかかる時間は相当なものです。

子犬でかわいい犬でも凶暴になってあなたにとって可愛くない犬にしてしまうのは全てあなたのせいです。

あなたにとって、全力でかわいい犬にしてあげなければなりません。かわいい犬にすることが辛い時も面倒を継続して行う事が出来る糧になります。

しつけをおろそかにしておいて可愛くないと理不尽な考え方をする前にしっかりと正しいしつけをしておきましょう

しつけは大事

毎日行う事がたくさんある

散歩以外にも毎日やることはたくさんあります。当然食事の用意も必要です。水も変え続けなければなりません。

トイレだって室内犬の場合にはマットを交換しなければなりませんし、室外犬だって排泄物の処理をしなければなりません。

なんども言いますが、これらの作業はたまになら本当に楽しいです。犬と触れ合う機会として楽しめます。しかし、毎日ともなれば必ずしも楽しい作業ではなくなることもあるのです。

それも犬の人生を全うするまでです。その覚悟が本当にありますか?家族の協力なしでは無し得れないのではないですか?あなたに飼われて本当にその犬は幸せですか?今一度自分に自問自答してみてください。

犬との幸せの生活

 

 

  

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)