犬の環境を整える

愛犬を大事に育てているつもりでも、危険な環境で育てている可能性があります。

犬の事故や怪我といえば脱臼、骨折、椎間板ヘルニア、靭帯損傷、靭帯断裂、外相、異物誤飲、他動物による咬傷、熱中症、交通事故、中毒などなど・・・

挙げればきりがありませんが、多くは飼い主により防げた事故や怪我である事が多いです。

安全で安心できる環境にしてあげるのも飼い主の立派な役目なはずです。100%防ぐことは不可能かもしれませんが可能な限り安全な環境で育ててあげたいものです。

今までも多くの事故や怪我がありそれを対策するアイデアもたくさんあります。

一つ一つ可能性を潰していくことが大切で過去の事例などを一度、確認しておく必要ありますし大いに参考になると思います。

犬が怪我をしたときの応急処置方法

フローリングでの怪我

犬を飼っているなら当たり前のようにすでに広く知られていますがつるつる滑るフローリングは犬の骨や関節に大きな負担を与えてしまいます。

積み重なって出来る骨や関節が曲がるなどの影響の他にも脱臼や骨折など直接的な怪我も少なくありません

室内犬も増えており、フローリングの家も多い現在ではフローリングによる怪我の発生が上位で起きています。犬を飼うならまずフローリング対策をしなければならないのです。

膝蓋骨内方脱臼、前十字靭帯断裂、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、レッグペルテス病などの関節炎がフローリングで多発しています。

大事に育てているつもりでも、滑りやすいフローリングで飼う事は負担を与えるだけでなく怪我や事故の可能性が高い環境で育てている事になります。

犬を飼うのは手間がかかる

犬の環境を向上させるアイデア

犬の環境を向上させるためのアイデアは本当にたくさんあります。今すぐ対策をするべき事、今後必ずしなければならない事、あれば便利な事など優先順位もありますが、ペットを飼っているなら同じ悩みを抱えている事が多いと思います。

その悩みを解決するアイデア、それを実現する方法を詳しく紹介しています。

一日施工(Way-formation)

対応エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、群馬、栃木の関東圏ですがフローリングに滑り止めの対策をしている会社です。

関節病予防の為、足腰の負担軽減のために開発されたドックランコーティングにより滑り止め効果は他のコーティング剤を使用するのに比べ2倍以上の効果があります。



施工は1日で完了しますがその耐久年数は20年と長いです。また通常のフローリングだと愛犬も傷つきますが、同時にフローリング自体も傷がついてしまいます。

また排泄物の臭いが染みつきます。施工することによりこれらを予防することが出来ます。すでに傷や臭いがあるフローリングでも見違えるように復活してしまう技術も持っています。

愛犬への足腰負担軽減はもちろんですがフローリング保護にもつながる一石二鳥のフロアコーティングです。


 歩きやすくて快適だワン!【ドッグランコーティング】 



愛犬の床(エコテック)

獣医さんの考える理想の床を実現した滑らない床で安全、お掃除簡単で衛生的なフロアコーティングを全国で行っている会社です。

施工後の滑りの違いは動画で一目瞭然です。またフローリング自体の排泄物の臭いや傷といったものも新築のように復活、そして今後も予防することが出来ます。



実際の施工は専用の機械で光をあてることで瞬時に硬化させる、光重合硬化という技術を用いた方法で、原則1日で完了

施工後の注意事項などの制約など一切無く成功したその日のうちに、普段どおりの暮らしができます。20年保証もついており安心して依頼することが出来ます。


 【公式】愛犬の床 

 

 

  

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)